TIEDNISTA.(タイドニスタ)は、2015年に誕生した日本のネクタイブランドです。

デザイナー本木明(もときあきら)によるポップでアーティスティックなデザインを、京都の意匠師(ジャガード織り職人)が丹精こめて織り込み、1つ1つ丁寧に縫製されたネクタイは、デザインから縫製までの全行程を国内で行っている正真正銘のMade in Japan製品。
日本のネクタイ専用シルク生地のルーツである西陣織りの里、京都のシルクジャガードを使用。
すべての製品において 、コミカルなデザインを、プリントではなく、あえてジャガードの織り柄にすることで、大人の遊び心にフィットする品格とファッション性を兼ね備えた希少な作品に仕上げています。
また、TIEDNISTA.(タイドニスタ)のネクタイは、高級素材を使ったスタイリッシュなデザインというだけでなく、形の美しさ、締めやすさ、耐久性をも追及し、大量生産ではなく、あえて熟練の職人の手による昔ながらの手作業で縫製を行っています。

日本製 ジャガード織り シルク ネクタイブランド TEIDNISTA タイドニスタ

ネクタイを、もっと自由に。
仕事用や冠婚葬祭用にとどまらず、自己表現を実現するファッションアイテムへ。
独特なタイバー(タイピン)とのマッチングで、さらなる個性をも演出できるTIEDNISTA.(タイドニスタ)のネクタイ。
TIEDNISTA.(タイドニスタ)は、カジュアルの中にも洗練された本物にこだわる楽しみや満足感と共に、日本の伝統・技術をネクタイという形で、世界中のファッショニスタに向けて発信し続ける国産ブランドとも言えます。

※ブランド名のTIEDNISTAとは、ネクタイを締めた”人”を表す造語。

日本製 ジャガード織り シルク ネクタイブランド TEIDNISTA タイドニスタ

ジャガード織とは…

明治維新後、宮中装束が洋装に改められたことで、京都の西陣織は衰退の危機にされされたそうです。
そこで、京都府は、最新技術を導入すべく絹織物で有名なフランスのリヨンに留学生を送りました。
ジャガード織機は、その時、留学生によって日本に持ち込まれたもののひとつです。

このジャガード織機を使って、経糸(たていと)と緯糸(よこいと)を交錯させながら、布に模様を織り込んでいく製法は、繊細でありながら重厚感のある美しい織物を生み出します。
しかしながら、このジャガード織機は、サクサクと簡単にジャガード織物を生産できるものではなく、職人が数人がかりで、大変な手間暇をかけてはじめて、織り成すことができるものなのです。
ジャガード織りが「高級」とされるのは、長い間受け継がれてきた伝統を守り、職人の熟練の技と丁寧な作業なくしては生産することのできない貴重な織物だからです。

TIEDNISTA.製品は、WEBストアまたは七セント半オフィス(東京渋谷)にて、お買い求めいただけます。
国内での販売は小売のみとさせていただきます。卸売は海外企業様のみ承ります。

WEBストア:mobo and moga

七セント半アクセスインフォメーション

>> お問い合わせはこちら

TIEDNISTA. Photo Collection

日本製 ジャガード織り シルク ネクタイブランド TEIDNISTA タイドニスタ
日本製 ジャガード織り シルク ネクタイブランド TEIDNISTA タイドニスタ
日本製 ジャガード織り シルク ネクタイブランド TEIDNISTA タイドニスタ
日本製 ジャガード織り シルク ネクタイブランド TEIDNISTA タイドニスタ
日本製 ジャガード織り シルク ネクタイブランド TEIDNISTA タイドニスタ
日本製 ジャガード織り シルク ネクタイブランド TEIDNISTA タイドニスタ
日本製 ジャガード織り シルク ネクタイブランド TEIDNISTA タイドニスタ
日本製 ジャガード織り シルク ネクタイブランド TEIDNISTA タイドニスタ
日本製 ジャガード織り シルク ネクタイブランド TEIDNISTA タイドニスタ
日本製 ジャガード織り シルク ネクタイブランド TEIDNISTA タイドニスタ
日本製 ジャガード織り シルク ネクタイブランド TEIDNISTA タイドニスタ
日本製 ジャガード織り シルク ネクタイブランド TEIDNISTA タイドニスタ